上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて本日はお客様よりグレンチェックについてお問い合わせを頂きましたので、その回答用という事も兼ねて白黒のグレンチェックを何点か一度にご紹介申し上げます。

まずはドーメルのコレクションよりスポーテックスのグレンチェックになります。

ドーメル スポーテックス・ヴィンテージ No.3

380g。67×55mm。
以前にもご紹介したように当コレクションはスポーツ用に開発され賛美を浴びたスポーテックスの復刻版であり耐久性をそのままに現在風にやや軽量化した素材になります。ガッチリ感がありスーツ上下はもちろんの事、ジャケット地としても使用されるケースが非常に多い素材になっております。
薄めのウールコートなどに使用してもよろしいかと思います。

続きまして国産のスーツ地になります。
こちらは中外毛織のコレクションでになります。

中外毛織 mac burton No.1

57×46mm。ウェイトの記載はありませんが、恐らく300gは切る少し軽めの素材だと思います。
パターンは先ほどのスポーテックスと比べると細かめです。ウェイトといい厚さといい基本的にはスーツ向きでしょう。もちろんジャケットしてご使用しても良いですが、少々フォーマル感があるのでデニムやチノパンなどとあわせる場合は少々質感に気を使ったほうが良さそうですね。

続いてフランネルのご紹介です。

ハディーエイミス No.1

72×58mm。こちらもウェイトの記載がありませんが300g強。320g前後では無いでしょうか?
こちらはハディーエイミスからのコレクションになります。
フランネルの起毛が温かみがあり冬らしい素材となっております。

もう1点フランネルのご紹介です。

ユーロテックス キングストン No.2

65×55mm。310g
以前にもご紹介したユーロテックスのキングストンというフランネルのコレクションからのご紹介になります。打ち込みのしっかりとしたフランネルになりますのでしっかりとした質感を味わいたい方にはお勧めです。

最後にカチョッポリよりジャケット地のコレクション、ジャッケからのご紹介になります。

カチョッポリ ジャッケ No.1

77×65mm。380g
ウール85%、カシミヤ15%の非常に柔らかく暖かい上質なジェケット地になります。
見た目もふわっとした起毛感がご確認できると思います。冬には是非このようなジャケットにさりげなくマフラーを巻いてお洒落に着こなしたいものです。


一概にグレンチェックと言ってもその白黒のコントラストやピッチ、起毛の有無、もちろん糸の太さによって印象が異なります。是非、実際に実物を比較してお選びください。





スポンサーサイト
紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて本日も前回に引き続きドーメルのスポーテックスヴィンテージからのご紹介です。
本日は無地の濃紺になります。

ドーメル スポーテックス・ヴィンテージ No.2

最近はブリティッシュの流れからか、このような太目の糸を使用した少々ざっくりとした、ふくらみのある生地が人気です。細番手の滑らかなものと比較すると重厚感がありますね。さらに張りのあるこの素材は仕立上がりの立体感もでてきますので、よりカッチリとした感じがします。そういえば少し前から、夏素材でもモヘアを使用した2PLYとか3PLYといわれる複数の糸をより合わせて織るざっくり感のある生地が密かにブームになっていますが、その流れもあるのでしょうか?

画像の濃紺ですが、縦糸にネイビー、横糸にミッドナイトブルーを使用しているので、より奥行きのあるふくらみ感がでています。スーツの他にも紺ブレとしても仕立てたい素材ですね。


ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド


オーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、前回ご紹介したユーロテックスのフランネル。カッチリとした質感でしたが、「もっとウェイトのある素材が欲しい!」という方もいらっしゃると思います。
当店でもフラノのジャケットを仕立てる方はやはりウェイトのあるガッチリしたものを選ばれるケースが多いですね。
そこで今回ご紹介するのはカチョッポリのフラネッレ・ペティナーティからのご紹介。

カチョッポリ フランネル No.1

画像からはその質感は分かりづらいですね。。。
ウェイトは470gと前回のKingstonと比較してもその厚さは歴然です。
ウェイトがありガッチリしたジャケットはボトムにデニムや厚手のチノパンなどを合わせても質感で負ける事がなく、すんなりとカジュアルに着こなせますね。
もちろん!とても暖かいです。

ところで写真のブルーですがカジュアルな着こなしを意識するならお勧めです。
いやいやもっと違う色合いが!とい方にもカチョッポリのコレクションなら色は豊富です。
是非ご覧に来てください!


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


オーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

前回に引き続き今回もゼニアのヴィンテージ生地をご紹介致します。

エルメネジルド・ゼニア ヴィンテージ No.2

こちらはブルーのウィンドウペーン。織のオーバーペーンが入っています。
やはり非常にガッチリとした質感は、イタリア生地ながらブリティッシュっぽく仕立たくなりますね。
こちらはジャケットでお仕立するほうが良いと思いますが、上下で仕立てても面白いかもしれません。

さて前回も触れました、このヴィンテージ生地をコレクションしているDAVOLI(ダボリ)というイタリアのマーチャントですが、あまり馴染みのないマーチャントだと思います。それもそのはずで今迄は基本的にイタリアのベルヴェストを始めとした高級プレタに生地を供給する事に特化していたそうです。それが今年の春夏よりオーダー向けカットレングスサービスを始めました。他にもなかなかおもしろいコレクションを出しておりますので追々ご紹介していきたいと思っています。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


オーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、このブログを立ち上げてから3日間はどちらかというと繊細なファブリックをご紹介してきましたが、今日はガッチリとしたヴィンテージ生地をご紹介いたします。

ヴィンテージ生地とは、その名の通り年月の経った服地の事で、現在の自動織機では出せないガッチリとした風合いが特徴です。当然ヴィンテージ物なので数に限りがあります。

そんなヴィンテージものの中から、ゼニア(Ermenegildo Zegna)のヴィンテージ服地を紹介。

ゼニア ヴィンテージ No.1

イタリア服地というととても柔らかいイメージがありますが、さすがにヴィンテージもの!非常にがっちりとしています。また、この枯れた感じの色合いもたまりません。この色柄であれば、ジャケットでもスーツでもいけますね。因みに20年以上は経っているものだそうです。

これはダボリ(DAVOLI)というイタリアのマーチャントが所有している服地で、イタリア服地を中心としたヴィンテージものを集めたコレクションに入っています。ヴィンテージ物ですので当然なのですが、DAVOLI社にもそれ程たくさんは所有していないようです。在庫が切れ次第、もう手に入らない可能性が高いです。

興味のある方はお早めに!!


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーダースーツ BESPOKE.I 服地紹介, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。