上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

前回はドーメルのトニックをご紹介しましたが、今回は同じくドーメルのトニック2000のご紹介です。

galimg46

こちらもオリジナルTONIKを現代風にアレンジした素材。ウェイト325gとニュートニック(現行TONIK)よりもやや重く、触った感触もニュートニックよりもやや硬い感じがします。単にガッチリ感を求めたい方はこちらの方が良いかもしれません。もちろんニュートニックのウェイト300gというのも他の春夏素材に比べれば十分過ぎるほど重量感はありますしガッチリしています。但し、モヘアの混率は30%とニュートニックの90%より大分混率は下がる為、モヘアを存分に味わいたい方はやはりニュートニックの方がよろしいかと思います。

さて、写真の柄ですが濃紺と混が交互にくるストライプとなっています。ここ最近明るめの紺が多くなっていますが、明るすぎるのはちょっと苦手という方には、これくらいの色合いがよろしいかと思います。

ところで余談ですが、当店では新しく服地の耳で衿づりを作るというオプションを始めました。耳?衿づり?・・・耳とは下の画像のように服地の良端にあるブランド名やコレクション名が織られた部分です。

gal46_mm

ここを使って衿づりと呼ばれる上衿の内側にある服を簡易的に吊るすテープを製作するのです。

eridori

こんな感じになります。

詳細はオフィシャルHPでもご説明しております。

服地の耳で衿づりを作成

また、ドーメルの春夏コレクションについてもオフィシャルHPをご覧ください。

ドーメル 2009 SS Collection




スポンサーサイト
紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、本日よりチェックとのテーマでいくつかご紹介していきたいと思います。
先ずは筆頭、ドーメルのアマデウスからのご紹介です。

ドーメル アマデウス No.2

いやはや、唸らせられます。先ずはアマデウス独特の艶感がとても綺麗です。
そしてこの柄。ありそうで無い柄。織り柄+ウィンドウペン。また、この織り柄自体が凝っていますね。以前にも幾つかご紹介しましたヘリンボーンの変形柄ですが、右上がりの綾目の中に微妙な間隔で織り込まれたシャドウストライプ。そして左上がりの綾目と縦のストライプがエッジを効かせた別の織りが組み合わされています。おわかりになりますでしょうか?複雑な光沢を放ってくれます。そしてその上に大胆に走らせたオレンジ色のウィンドウペンが際立ちます。懲りすぎてうるさくなりそうですが、意外とうるさくないのはやはりドーメルのセンスでしょうか。ウィンドウペンはともするとポップ感が出てしましますが、この織柄の艶のおかげで重みがでてきますね。素敵です。


ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら




紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、前回の防シワ素材の流れで、本日はチェルッティのノビリティからの紹介です。

チェッルティ ノビィリティ No.1

このノビリティは特に防シワを謳っている訳ではありませんが、昨日のラナモード同様、ナチュラルにストレッチ効果を発揮します。その為非常に柔らかな120番手双糸使いながら、比較的シワになりにくい特徴があります。ですので、柔らかなイタリアンテイストでタイト感のあるスーツをお好みの方にはお勧めです。
どうしても柔らかすぎる素材は”シワはつきもの”位の覚悟をしなくてはいけませんが、この素材はその辺りを過敏にならなくても済みそうですね。

ところで写真の生地ですが、実は以前に紹介した同社のターボ180の柄と同じパターンです。さらに、同じく同社のノビリティ・キューブというノビリティの進化版とされる縦横双糸のコレクションがあるのですが、そのコレクションに全く同じパターン及び配色のフランネルが存在します。どうやらチェルッティのデザイナーはこの柄がお気に入りのようですね。
確かに表面を抑えた艶のあるラインと微妙に色の異なる艶感が少なめのライン(因みに写真の生地は黒と茶)が、よりストライプを際立たせてくれて非常に綺麗です。チェルッティフィニッシュと賞賛される”素晴らしい艶感”の代表的なものなのでは無いでしょうか?


チェルッティ 2008AW Collection について


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、ガッチリ感のある服地という事でご紹介を続けていますが、こちらのコレクションを忘れていました。
ドーメルのボヤージ・プリヴェです。

ドーメル ボヤージプリヴェ No.1

ウェイト300g。さほど重くはありませんが、コシが強くカッチリとしています。強燃糸と呼ばれる文字通り非常に強く撚った糸を使用する事によりカッチリとした質感となんと言ってもシワになりにくいという特性を持ち合わせます。その特性より「TRAVEL CLOTH」と位置づけているようで、長時間の乗り物での移動時着用や折りたたんだ状態での運搬にもクシャクシャにならない事を売りにしています。

ドーメル ボヤージプリヴェ バンチ


見本の小さい生地で見ていると一見ざっくりとしているので判りづらいのですが、仕立上がりは程よくソフトな艶もあり、エレガントさを出す事も忘れていないようです。

ところで、写真の生地ですが、一見グレーの濃淡だけのストライプのようですが、濃いグレーは微妙にパープル掛かっています。ドーメルらしい素敵な色合いです。

ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら



紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、続けて極細番手の服地の紹介となりますが、本日ご紹介するのは以前にもご紹介しましたドーメルのキルギスホワイトになります。
キルギスホワイトはカシミヤとウールのあいのこで両者の特徴を持つという珍しい動物ですが、そのキルギスホワイトの毛とSUPER140'sの極上ウールをブレンドしたキルギスホワイト・スーティング。その艶感は息を呑むような凄みがあります。

ドーメル キルギスホワイト No.2

こちらは店舗に陳列している服地になりますが、この服地がドーメル社より届いた時にはまさしく息を呑みました。繊細でありながら深い重厚な凄みのある艶。届いたその日は仕事の合間に何度も何度も生地を眺めてしまい、一緒に働いている妻に呆れられてしまいました。。。
触った感じは少々薄いのですが、その外見と薄さからは想像が出来ない程しっかりした質感があります。生地を端を持って軽くはためかせてみると「パリパリッ」とした上質な音が聞こえてきます。
ところでデザインもとても素敵です。凹凸感のある織りのストライプと薄いブルーのストライプ。そしてなんと言っても茶のストライプに散りばめられた細かなネップ。実にお洒落です。柄そのものはそれ程大柄ではないので、織りは凝ってはいますが派手な柄ではありませんね。

参考になるか判りませんが、キルギスホワイトの原毛の写真をアップしておきます。

ドーメル キルギスホワイト YARN

写真の横になった”6”の数字の両脇の縦線間が1cmになります。
非常に細い事がおわかりになって頂けると思います。見た目にはほわほわ、さらさらしたように見えますが、触った感触はしっとりとすべすべしています。
触ってみたい方がいらっしゃいましたらご来店の際、お申し付けください。


ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら

ドーメル キルギスホワイトの詳細はこちら

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーダースーツ BESPOKE.I 服地紹介, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。