上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、本日も前回に引き続きボアローバックのグレンチェックをご紹介したいと思います。

ボアローバック by カチョッポリ No.2

なんとも言えない色合いです。白黒のモノトーンのグレンチェックにグリーンのオーバーペンとオーバーチェック。このグリーンの色合いがいいですね。グレイッシュなモスグリーンといったところでしょうか。前回ご紹介した素材同様、やはり渋みがあります。ただ色の特性上クラシカルではありながら、ややモダンな感じがしますね。こちらはボタンやデザインのディテールで遊んでみても面白そうです。当コレクションは前回も触れたように他にも少々変ったグレンチェックが幾つかコレクションされています。いずれも渋みがありつつ色合いを上手に使った楽しめるコレクションになっています。ご興味のある方は是非お手にとってお確かめください。



スポンサーサイト
紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、チェック柄の続きです。スーツ地のチェック柄といえばやはりウィンドウペンとグレンチェックが代表格ですね。という事で本日はボアローバック社のグレンチェックをご紹介致します。

ボアローバック by カチョッポリ No.1

325g。SUPER100's&カシミヤのサキソニーになります。
グレンチェックの基本は白黒のモノトーンのものとオーバーペンに色を使ったものが代表的ですが、こちらはオーバーペンに茶色、グレンチェック部分にくすんだ感じの赤と青を使用しています。どうでしょう?多色使いの割りに非常にクラシカルで渋い感じがしますね。最近はパープルのオーバーペンや他の色でも鮮やかな色を使ったものがどちらかというと多いのですが、こちらは実にクラシカルで逆に新鮮な感じがしたのでピックアップしてみました。あまり奇をてらわずクラシカルに仕立ててみたいですね。

ところでこちらの素材はカチョッポリのイングリッシュスタイルというコレクションにセレクトされているコレクションなのですが、当ブランドのボアローバックについて一言。
ボアローバック社はなんと500年の歴史のあるミル(織物工場)ブランドで、現在はスキャバルグループに属しています。スキャバルの大半のコレクションを製造している同社。「布地つくりは芸術」と言い放つその品質はまさにラグジュアリー。
今回ご紹介したものはボアローバックのオリジナルブランドコレクションをカチョッポリがセレクトしたものになりますが、いかにもカチョッポリらしいセレクトで、グレンチェックだけでも9柄もあります。クラシカルながら色を巧みに使ったグレンチェック。チェック好きの方、いかがでしょうか?
カシミヤ混の暖かく柔らかな肌触りがとても心地いいですよ。


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーダースーツ BESPOKE.I 服地紹介, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。