上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

前回はドーメルのトニックをご紹介しましたが、今回は同じくドーメルのトニック2000のご紹介です。

galimg46

こちらもオリジナルTONIKを現代風にアレンジした素材。ウェイト325gとニュートニック(現行TONIK)よりもやや重く、触った感触もニュートニックよりもやや硬い感じがします。単にガッチリ感を求めたい方はこちらの方が良いかもしれません。もちろんニュートニックのウェイト300gというのも他の春夏素材に比べれば十分過ぎるほど重量感はありますしガッチリしています。但し、モヘアの混率は30%とニュートニックの90%より大分混率は下がる為、モヘアを存分に味わいたい方はやはりニュートニックの方がよろしいかと思います。

さて、写真の柄ですが濃紺と混が交互にくるストライプとなっています。ここ最近明るめの紺が多くなっていますが、明るすぎるのはちょっと苦手という方には、これくらいの色合いがよろしいかと思います。

ところで余談ですが、当店では新しく服地の耳で衿づりを作るというオプションを始めました。耳?衿づり?・・・耳とは下の画像のように服地の良端にあるブランド名やコレクション名が織られた部分です。

gal46_mm

ここを使って衿づりと呼ばれる上衿の内側にある服を簡易的に吊るすテープを製作するのです。

eridori

こんな感じになります。

詳細はオフィシャルHPでもご説明しております。

服地の耳で衿づりを作成

また、ドーメルの春夏コレクションについてもオフィシャルHPをご覧ください。

ドーメル 2009 SS Collection




スポンサーサイト
紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

このブログもしばらくご無沙汰してしまいました。
大変申し訳ございません。

さて、春物がスタートしてから早、1ヵ月が経ちましたが、今年もS/Sコレクションが豊富に揃っております。なにからご紹介すべきなのか非常に迷っていまうのですが、まずは最近また脚光を浴びているドーメルのTONIKからご紹介致します。

galimg45

モヘア混率がなんと90%という、他ではあまり見ることの出来ない贅沢な素材。この混率ですので、当然、縦横共にふんだんにモヘアが使われているわけで、モヘアの張り感及び艶感を存分に味わう事が出来ます。モヘアファンには憧れの素材ですね。
1957年に開発、販売された当時のオリジナルのトニックをもとに現代風に若干ウェイトを軽くしているものの(300g)、その重厚感、立体感は変らずにお楽しみ頂けると思います。

写真のコレクションはシャンブレーと呼ばれる縦と横の糸に異なる配色をする事で玉虫色に輝く織りになっています。茶と紺という反対色を大胆に使う事で実に複雑な色合いで艶を放ってくれます。他にも紺系のシャンブレー素材などもありますのでご興味のある方は是非ご来店ください。


ドーメル2009春夏コレクションの詳細はオフィシャルホームページをご覧ください。

ドーメル2009春夏コレクション
紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて本日はお客様よりグレンチェックについてお問い合わせを頂きましたので、その回答用という事も兼ねて白黒のグレンチェックを何点か一度にご紹介申し上げます。

まずはドーメルのコレクションよりスポーテックスのグレンチェックになります。

ドーメル スポーテックス・ヴィンテージ No.3

380g。67×55mm。
以前にもご紹介したように当コレクションはスポーツ用に開発され賛美を浴びたスポーテックスの復刻版であり耐久性をそのままに現在風にやや軽量化した素材になります。ガッチリ感がありスーツ上下はもちろんの事、ジャケット地としても使用されるケースが非常に多い素材になっております。
薄めのウールコートなどに使用してもよろしいかと思います。

続きまして国産のスーツ地になります。
こちらは中外毛織のコレクションでになります。

中外毛織 mac burton No.1

57×46mm。ウェイトの記載はありませんが、恐らく300gは切る少し軽めの素材だと思います。
パターンは先ほどのスポーテックスと比べると細かめです。ウェイトといい厚さといい基本的にはスーツ向きでしょう。もちろんジャケットしてご使用しても良いですが、少々フォーマル感があるのでデニムやチノパンなどとあわせる場合は少々質感に気を使ったほうが良さそうですね。

続いてフランネルのご紹介です。

ハディーエイミス No.1

72×58mm。こちらもウェイトの記載がありませんが300g強。320g前後では無いでしょうか?
こちらはハディーエイミスからのコレクションになります。
フランネルの起毛が温かみがあり冬らしい素材となっております。

もう1点フランネルのご紹介です。

ユーロテックス キングストン No.2

65×55mm。310g
以前にもご紹介したユーロテックスのキングストンというフランネルのコレクションからのご紹介になります。打ち込みのしっかりとしたフランネルになりますのでしっかりとした質感を味わいたい方にはお勧めです。

最後にカチョッポリよりジャケット地のコレクション、ジャッケからのご紹介になります。

カチョッポリ ジャッケ No.1

77×65mm。380g
ウール85%、カシミヤ15%の非常に柔らかく暖かい上質なジェケット地になります。
見た目もふわっとした起毛感がご確認できると思います。冬には是非このようなジャケットにさりげなくマフラーを巻いてお洒落に着こなしたいものです。


一概にグレンチェックと言ってもその白黒のコントラストやピッチ、起毛の有無、もちろん糸の太さによって印象が異なります。是非、実際に実物を比較してお選びください。





紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、防シワ服地についてご紹介しておりますが、本日はダイドーリミテッドのコンフォートコレクションからになります。

ダイドーリミテッド コンフォート No.1

同社の従来素材と比較して20%のシワ回復力を持つとされる当コレクション。しっかりとした質感とソフトなふくらみ感が特徴です。どちらかというと、ブリティッシュ系、トラッド系に合いそうな素材です。コレクション全体を眺めてもオーソドックスでトラディショナルな柄が多く、上質で落ち着いたコレクションになっています。価格もそれ程高くないので、中級クラスとしては実にバランス良くまとまったコレクションだと思います。

写真の素材ですが、ミディアムグレーに細い白のウィンドウペン。2.8×3.5cmという小さめのチェックになりますので、大柄がお好きでない方にも比較的着用しやすいのでは無いでしょうか?

チェックで気を付けなくてはいけないのが、やはりチェックの大きさと柄の目立つ度合いでしょうか?特にパンツを気にしてください。通常、生地を選ぶ時に肩に生地を当ててイメージを膨らませて頂くのですが、チェック柄のジャケット部分をイメージするだけではなく、脚にも生地を当ててパンツの出来上がりもイメージしてください。以外とジャケットだけならそれ程でも無いのに、上下になると少々派手過ぎるという場合があります。

ところで、最近はまたチェック柄が増えてきました。以前よりチェック柄は流行が長続きしないのが、たまに傷ですが、個人的にはチェック柄は好きですね。次回からはチェック柄を少しご紹介することにします。


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、前回の防シワ素材の流れで、本日はチェルッティのノビリティからの紹介です。

チェッルティ ノビィリティ No.1

このノビリティは特に防シワを謳っている訳ではありませんが、昨日のラナモード同様、ナチュラルにストレッチ効果を発揮します。その為非常に柔らかな120番手双糸使いながら、比較的シワになりにくい特徴があります。ですので、柔らかなイタリアンテイストでタイト感のあるスーツをお好みの方にはお勧めです。
どうしても柔らかすぎる素材は”シワはつきもの”位の覚悟をしなくてはいけませんが、この素材はその辺りを過敏にならなくても済みそうですね。

ところで写真の生地ですが、実は以前に紹介した同社のターボ180の柄と同じパターンです。さらに、同じく同社のノビリティ・キューブというノビリティの進化版とされる縦横双糸のコレクションがあるのですが、そのコレクションに全く同じパターン及び配色のフランネルが存在します。どうやらチェルッティのデザイナーはこの柄がお気に入りのようですね。
確かに表面を抑えた艶のあるラインと微妙に色の異なる艶感が少なめのライン(因みに写真の生地は黒と茶)が、よりストライプを際立たせてくれて非常に綺麗です。チェルッティフィニッシュと賞賛される”素晴らしい艶感”の代表的なものなのでは無いでしょうか?


チェルッティ 2008AW Collection について


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーダースーツ BESPOKE.I 服地紹介, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。