上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、本日もドーメルアマデウスからのご紹介となります。

ドーメル アマデウス No.3

ぱっと見は何の変哲も無い濃紺にブルーのダブルのウィンドウペンに見えますが、実は織り柄が凝っています。上の画像では確認しづらいので、ライティングを変えて撮ってみました。

ドーメル アマデウス No.3 ライティング

画像があまり綺麗ではありませんがお許しください。織り柄が見やすいようにコントラストを上げてみました。おわかりになれますね。織り柄のオーバーペンと綾目の違いで表現したチェックの升目が存在します。この手の織のチェックは仕立て上がり時に結構うるさくなりがちなので、織の立体感(浮き方)を抑え気味にしてあるのだと思います。その事でうるさすぎない一味違ったウィンドウペンといった印象に抑えられています。

個性をさりげなく主張したい人にお勧めです。


ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら



紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、本日よりチェックとのテーマでいくつかご紹介していきたいと思います。
先ずは筆頭、ドーメルのアマデウスからのご紹介です。

ドーメル アマデウス No.2

いやはや、唸らせられます。先ずはアマデウス独特の艶感がとても綺麗です。
そしてこの柄。ありそうで無い柄。織り柄+ウィンドウペン。また、この織り柄自体が凝っていますね。以前にも幾つかご紹介しましたヘリンボーンの変形柄ですが、右上がりの綾目の中に微妙な間隔で織り込まれたシャドウストライプ。そして左上がりの綾目と縦のストライプがエッジを効かせた別の織りが組み合わされています。おわかりになりますでしょうか?複雑な光沢を放ってくれます。そしてその上に大胆に走らせたオレンジ色のウィンドウペンが際立ちます。懲りすぎてうるさくなりそうですが、意外とうるさくないのはやはりドーメルのセンスでしょうか。ウィンドウペンはともするとポップ感が出てしましますが、この織柄の艶のおかげで重みがでてきますね。素敵です。


ドーメル 2008AWコレクションの詳細はこちら




紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、防シワ服地についてご紹介しておりますが、本日はダイドーリミテッドのコンフォートコレクションからになります。

ダイドーリミテッド コンフォート No.1

同社の従来素材と比較して20%のシワ回復力を持つとされる当コレクション。しっかりとした質感とソフトなふくらみ感が特徴です。どちらかというと、ブリティッシュ系、トラッド系に合いそうな素材です。コレクション全体を眺めてもオーソドックスでトラディショナルな柄が多く、上質で落ち着いたコレクションになっています。価格もそれ程高くないので、中級クラスとしては実にバランス良くまとまったコレクションだと思います。

写真の素材ですが、ミディアムグレーに細い白のウィンドウペン。2.8×3.5cmという小さめのチェックになりますので、大柄がお好きでない方にも比較的着用しやすいのでは無いでしょうか?

チェックで気を付けなくてはいけないのが、やはりチェックの大きさと柄の目立つ度合いでしょうか?特にパンツを気にしてください。通常、生地を選ぶ時に肩に生地を当ててイメージを膨らませて頂くのですが、チェック柄のジャケット部分をイメージするだけではなく、脚にも生地を当ててパンツの出来上がりもイメージしてください。以外とジャケットだけならそれ程でも無いのに、上下になると少々派手過ぎるという場合があります。

ところで、最近はまたチェック柄が増えてきました。以前よりチェック柄は流行が長続きしないのが、たまに傷ですが、個人的にはチェック柄は好きですね。次回からはチェック柄を少しご紹介することにします。


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、前回の防シワ素材の流れで、本日はチェルッティのノビリティからの紹介です。

チェッルティ ノビィリティ No.1

このノビリティは特に防シワを謳っている訳ではありませんが、昨日のラナモード同様、ナチュラルにストレッチ効果を発揮します。その為非常に柔らかな120番手双糸使いながら、比較的シワになりにくい特徴があります。ですので、柔らかなイタリアンテイストでタイト感のあるスーツをお好みの方にはお勧めです。
どうしても柔らかすぎる素材は”シワはつきもの”位の覚悟をしなくてはいけませんが、この素材はその辺りを過敏にならなくても済みそうですね。

ところで写真の生地ですが、実は以前に紹介した同社のターボ180の柄と同じパターンです。さらに、同じく同社のノビリティ・キューブというノビリティの進化版とされる縦横双糸のコレクションがあるのですが、そのコレクションに全く同じパターン及び配色のフランネルが存在します。どうやらチェルッティのデザイナーはこの柄がお気に入りのようですね。
確かに表面を抑えた艶のあるラインと微妙に色の異なる艶感が少なめのライン(因みに写真の生地は黒と茶)が、よりストライプを際立たせてくれて非常に綺麗です。チェルッティフィニッシュと賞賛される”素晴らしい艶感”の代表的なものなのでは無いでしょうか?


チェルッティ 2008AW Collection について


紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


横浜のオーダースーツ「BESPOKE.I」の店主アイハラです。

さて、前回はドーメルのシワにならない素材をご紹介しましたが、他にも防シワ性を売りにしている素材は多く見かけますね。その中でも今回は価格のリーズナブルな東洋紡のラナモード-Sをご紹介致します。

国内ブランド ラナモード No.1

ラナモード-Sは東洋紡独自の技術によって開発された防シワ性、ストレッチ性に優れた素材です。
リーズナブルな素材の防シワ素材というと、ポリエステル等の化繊をたくさんブレンドした生地は良くありますが、このラナモードはウール100%ながら、防シワ性とストレッチ性を発揮します。要するにウールの心地よい質感を落とす事無く、機能性を実現している点が同ランクの他の素材と異なります。

因みに化繊を使用したストレッチ素材はポリウレタンを使用するケースが多いですね。ポリウレタンの伸縮性のある糸と一緒にウールの糸を撚り合わせていく方法です。糸をほどくと細いゴムのようなものが出てきますので判りやすいですよ。
それに対しラナモードのカウンターツイスト製法というのは2本の糸をコイル状に強く絡み合わせることによりナチュラルなストレッチ性を生み出しているそうです。判りづらいですよね。要は、糸がバネの様にらせん状に縮んでいる状態の想像すれば良いようです。らせん状のバネを引っ張って伸びる。離して縮む。基本はその原理です。

ストレッチ素材というのはいずれもシワになりにくくタイトに着こなしてもきつくないので機能性には優れていますが、個人的には上記のポリウレタンを使用した生地はあまり好きではありませんね。表現は悪いですがビヨーンと伸びるので、どうにも質感が好きになれません。
やはりこのラナモードのようなナチュラルなストレッチ素材の方をお勧めしたくなります。

紹介服地のリクエストや価格などのお問い合わせは右記フォームメールよりどうぞ。また、ご感想他、当ブログにお越し頂いた足跡をコメント欄にお気軽に残していってください。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 オーダースーツ BESPOKE.I 服地紹介, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。